那須烏山市へっ!

100718_1422531.jpg
演出家・石塚克彦の故郷、那須烏山市にいきました。
夏休みスペシャルイベント
8月4日〜8日 
「心のふるさと」
棚田・里山展 
(西武池袋本店7階) 
※詳しくはこのHPのお知らせをのぞいてみてください!
 
 
このビックイベントに出展する展示物の、バリ島の棚田の絵、パネル、資料が、石塚さんのアトリエに山盛りてんこもりにありました。今日はこれらを東京に運ぶ作業でした。
 
小島茂夫先輩、早川真希夫先輩、同期の螺澤真一郎さん、佐藤水香先輩、そして私、浅田雛子
というメンバーで朝8時に劇団のある武蔵小金井をトラック一台、石塚さんを乗せた乗用車一台で出発!
 
ギンギラギンの太陽、そして夏休み連休中の渋滞に巻き込まれ(往復)、稽古場に荷物をおろし18時終了を予定していましたが、なんと、 21時までかかりました。
 
 
那須烏山は周りが山に囲まれていて、東京よりも気温が低く、気持ちの良い風、自然のにおい、そして何よりもふるきゃらの作品の世界がそこにありました。
ゆっくりと深呼吸して、体に染み込ませ、帰りました(^o^)
 
写真は大事な大事な石塚さんの民族辞書などを慎重に車に運び入れる、真希夫先輩と螺澤君です!
 
 

「観にきてね〜!!」



新生ふるきゃら公演班の俳優・板津淳です。

毎週日曜日、劇団稽古場では“アトリエ塾”を開講。
8月4日〜8日に池袋西武百貨店7階で上演するミニ・ミュージカルの稽古中です。
熱い・アツい・暑い!!

写真は本日の稽古終了後。
せ〜ので「観にきてね〜!!」

わかりますか?

100706_1814221.jpg
ちょっと小さくてわかりにくいですが、新生ふるきゃらの女性の役者の先輩。
 
左から振り付け、ダンスリーダーの小澤薫世先輩、真ん中はお婆ちゃん役で有名な大河原もと子先輩、左側後ろ姿は、おしゃれな佐藤水香先輩です!
 
 
踊りの振り入れを終え、何やらお話中のようです。
 
地下にある稽古場はとっても暑くって、ダンス稽古は男性も女性汗だく(-.-;)
 
 
一番汗だくになるのは‥
近日その様子をお伝えします☆☆☆ 
 
 
以上、稽古場から浅田雛子でした!

たまごと私

100711_1242451.jpg
皆さま、お休みの日は何をして過ごしますか?私、浅田雛子はゆっくりと料理をして心と体に美味しい食事をとる。
ちょっとしたこだわりです。
 
先日卵をいただいたので早速調理o(^-^)o
好きな食べ物は沢山ありますが中でも卵はピカイチ!
体を作るもとになるタンパク質が多い卵、
筋肉や血液をつくる働きもします。
 
本日の卵料理は、
バター、塩コショウで玉ねぎを炒め、ちょっと醤油で隠し味、さらにそこに細かく切ったトマトをいれ、最後に溶き卵でとじる(^0^)/色合いよくするためにいんげんをのせて出来上がり!!!
写真は今日のお昼ご飯!
 
 
裏話ですが、公演日のお弁当に卵焼きが入っていると卵好きの私を知っている、先輩の大塚邦夫さんはいつもわけてくれます!!
 
大塚さん、いつもありがとうございます(^O^)
 
 
 

誰でしょう?

100710_1747291.jpg
正解は‥
 
 
浅田雛子です!
 
 
変身しています。
いろいろな役をやらせてもらっていますが、こんな金髪頭は初めてです。 
 
この髪が似合うよう、役の人生をしっかり生きられるように、稽古に励みます!!
よしっo(^-^)o

今日は七夕っ☆☆

100707_1301401.jpg
浅田雛子です!!
 
先日テレビで「織姫と彦星の七夕にまつわる話を知らない人が増えている」ととり上げていました。私は保育園の時に先生達が劇をみせてくれたので話は覚えていましたが気になったのでもう一度調べてみました。
☆☆☆
織姫は天帝の娘で機織りの上手な働き者の娘、彦星もまた働き者であり天帝は二人の結婚を認め、めでたく夫婦となったが夫婦生活が楽しく、織姫は機をおらなくなり、彦星は牛を追わなくなりました。このため天帝は怒り、二人を天の川を挟み引き離しましたが年に一度7月7日だけ天帝は会うことを許し天の川にどこからかやってきたカササギが橋をかけてくれ会うことができました。しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさがまし、織姫は渡ることができず彦星も彼女にあうことができないのです。
またこの日にふるあめは催涙雨ともよばれ織り姫と彦星が流す涙ともいわれているそうです。
残念ながら今日は二人の涙でした(;_;)
 
夜空を見上げ、胸がキュンとしました。
 
 
 

感謝をエネルギーにっ!

100703_2225551.jpg
浅田雛子ですッ(^0^)/
「トランクロードのかぐや姫」
お越しくださいました皆様、応援してくださいました皆様、本当にありがとうございました。お披露目公演、無事に幕を開けることができました。
 
「新生ふるきゃらのスタートです!」
という、元市長役の小山田錦司さんの舞台挨拶では沢山の拍手が!!!
私も袖中から舞台で生きる劇団員をみて、なり止まない拍手を聞いて自分も飛び出してしまいたいくらい熱い気持ちでいました。
 
 
それから、朝から荷下ろし、仕込み、終演後のバラシや積み込みに協力してくださった皆様にも本当に感謝しています。
日本青年館はエレベーター搬入でしたので、熱い熱い外にあるトラックから荷物をエレベーターに目一杯乗せ二階まで上がる時間にジワジワ汗が沢山吹き出て、着いたとたん「チ−ンッ」 とエレベーターが開く音が鳴るからまるで電子レンジにいるようだねなんて言う制作部の高橋久代さんの言葉にその場にいた誰もが笑い同感!この時期の荷下ろしって本当にTシャツ一枚ビショビショになるほど。
 
もしも体感してみたい方、お近くの公演地には是非朝から着てみてください!私たちと一緒に体を動かしましょうo(^-^)o 
 
今日の写真は利根沼田JA女性部様からいただきましたマイタケを早速、ニンニクと鷹の爪、バターと醤油でソテーしました!
美味しく食べましたので明日からの稽古、また張り切って行ってきます!!!
 

「新生ふるきゃら」旗上げ公演大成功!

 「新生ふるきゃら」旗上げ公演大成功!!
 昨日(7月2日)東京・日本青年館で開かれた「新生ふるきゃら」旗上げ「トランクロードのかぐや姫」
公演が超満員のお客さんが駆けつけ感動の劇場と成りました。
ありがとうございました。
 

恵那市公演!トランクロードのかぐや姫☆☆

100630_1826511.jpg
「トランクロードのかぐや姫」初日の幕を開けました!!
 
岐阜県恵那市はふるさときゃらばんのころ『どんどんどんどん』という作品を地域を巻き込み、絆をうんと深めた劇団員も大好きな場所。また、棚田学会とは親戚みたいな関係です。
 
担当制作である浅野さんから、心優しい人達が多い町と聞いていただけあって本当に客席からあたたかな拍手と笑い声が沢山聞こえました。この公演に協力してくださいました皆様、応援したり、見に来てくださいました皆様、本当にありがとうございましたm(__)m
 
実は私、今回は舞台監督。初めての仕事に正直、迷い不安だらけでした。しかしそこは新生ふるきゃら、助け合い、支えてくれた周りに本当に救われました。日々勉強。
 
明日はいよいよ東京公演!恵那市でつけたパワーも充分発揮し頑張ります(^O^)
 
 
写真は新生ふるきゃら子供応援団長(仮)
前田幸一君(中学生)
当日は念願であったというグッズ販売の仕事をお母様と担当してくれました!
何と幸一君、5歳の時からふるきゃらと付き合っているそうです!!!
これからも応援よろしくねo(^-^)o
 
浅田雛子でした!

出発!!!

いよいよ明日は、「トランクロードのかぐや姫」恵那市公演です!! 
今日は移動仕込み。 
只今、会場となっている恵那文化センターに向かっていますっ(^O^)
 
お日様がでてきましたよ〜
雛子(゜゜)


calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:560 最後に更新した日:2014/06/12

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM